2013年09月28日

衣装作りの練習としてなら、和服はむしろお勧めしません

衣装作りの練習としてなら、コスプレ衣装 和服はむしろお勧めしません。
直線のみだし洋裁と違った考え(寸法?名称等)なので、「洋服」の練習にはならないからです。
本当にミシン動かすのも不安なら和服も良いと思いますが、作った経験はなくてもエプロンくらいなら作れると思うというレベルなら簡単な洋服から入ることをお勧めします。

型紙本は基本的に「型紙を使って服が作れる人」向けの本です。服の縫い順等の作り方については詳しく解説されていません。
服を縫ったことがないなら基礎本を読んでまず手順を理解していないと、型紙本だけで作るのは要領が良い人でないと難しいでしょう。
私はカラーでわかりやすいと思ったのでクライ?ムキさんの「ソーイング」という基礎本を買いました。
あともうだいたい覚えた後なので買ってませんが「いちばんわかりやすいミシンの基礎BOOK」という本が立ち読んだ限りわかりやすく、ミシン初心者のころに出会いたかったなと感じました。

型紙本は作りたいものによると思います。
とにかくコスプレ用にいろんな種類が入っているのがいいなら「ダンシフク」「ジョシフク」「仮想衣装」あたり。
作りたいもののテーマが決まっているならテーマ別の「手作りCOS!」とか。
ゴス?ロリ?軽いパンク系なら文句なしに「ゴスロリ」がお勧めです。一般服の型紙にとても近い書き方で、コス系型紙本よりシルエットが良いものが多くサイズ展開も豊富です。
ドレス系で出来にこだわりたいならウエディング系の型紙もお勧めです。シンプルな分シルエットにこだわった型紙が多いので。
ちなみにやはり一般向けのものの方が細かい?綺麗?サイズ展開が広いです。私はベーシックなパンツ?ブラウス?スカートであればコス向けではなく一般向けの型紙をベースに改造してます。

今すぐ作りたいものがなくて、試しに作るなら何でもいいというなら「COSMODE」がお勧めです。型紙本ではありませんが毎号数種類の型紙がついているコスプレの総合誌です。コス系の型紙がどの程度シンプルなのかわかると思いますし、他の情報も載っているので外れな買い物にもならないと思います。
posted by コスプレ衣装 at 12:10| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。