2013年10月29日

進撃の巨人ーユミル

進撃の巨人ーユミル
進撃の巨人ーユミルを紹介します。
 そばかすと鋭い目つきが特徴的な、コスプレ衣装黒髪で長身の少女。身長172cm。体重63kg。トロスト区奪還戦ではクリスタと同班。打算的で世間ずれしたきつい言動が多い。出身は不明。イクシオン サーガ DTコスプレ衣装壁内には存在しないはず(海水魚)の鰊を食べたことがあるような発言をしたり、ライナーには解読できない文字を読めたりするなど、謎多き人物。
初期から登場しているにも関わらず、その名は長らく伏せられ、原作の公式サイトや単行本9巻の登場人物紹介でも「名前不詳」と紹介されていたが、36話のサシャの回想でようやく名前が明かされた[注 6]。
戦闘能力に劣るアルミンを見下す、サシャに恩を売って使い走りにする、クリスタの献身的な言動に偽善と欺瞞を指摘して付け入るなど、一見、自分にとっての利用価値のみを基準に他者を判別しており、また自身でもそのように発言していたが、後に、実はクリスタに対しての態度にはある事情があったことが明らかにされ、使い走りにしていたサシャに対しても、同期にまで敬語で話す理由を見抜いた上で、自分の言葉で話すよう促す場面が見られる。
初任務で5割が戦死するとされる調査兵団への入団を、逡巡を見せず決意した。非常に戦闘技術が高く、洞察力に優れたその実力は104期生の同期からも上位10人に入るのが当然と思われるほどに高く評価されているが、狡猾で他者に従うことが考えづらい日頃の言動ゆえにあまり良い印象は持たれていない。
過去に盗み目的で忍び込んだウォール教の教会でクリスタのことを偶然に聞き、本来の居場所を追われた者として共感したことが彼女との交流の原点になっているが、生きることへの執着において自分と正反対なクリスタの意識は如何とも認め難く、その複雑な思いから陰日向に汚れ役として振るまう一方で、憲兵団の入団資格を得られる、上位10人に入る権利を密かにクリスタに譲っていた。ウトガルド城にて巨人の群れに包囲された危機の中、クリスタに生きる道を示すべく巨人化して戦い、右の手足を失うなどの重傷を負うが、ハンジ達の救援部隊の到着により、辛くも生還した。しかし後に超大型巨人と化したベルトルトに捕らわれてしまう。
posted by コスプレ衣装 at 16:08| Comment(0) | コスプレ衣装 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。